スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢の中でのできごと

みなさん,こんばんはm(_ _)m rukiaです。

先日は,とても優しいメッセージを本当にありがとうございました。m(_ _)m

7月9日に,流産の手術に行ってきました。

今回は,そのことについて,記憶の記録として
残したいと思います。

続きを読む »

スポンサーサイト

悲しい現実・・・。

5月の終わり頃,うちの娘がいわゆる「しけ」の状態で
かなり,機嫌が悪くなった。

もしかして,これは??
友達が言っていた,妊娠のを察知した上の子の「しけ」??と思い
妊娠検査をしてみると,「陽性」

第2子を妊娠していることがわかり,病院へ。
病院でも,妊娠が確認された。

6月に入り,むかつき・頻尿・便秘などのつわりらしき症状が出て,
いよいよ,赤ちゃんの姿が見えるのかと思いきや,なかなか見えず・・・。

1週間後,かろうじて赤ちゃんと心拍が見えたものの
小さく,予定の週数がずれていることがわかった。

心拍が見えたことから,書類をいただき,母子手帳を
役場にもらいに行った。

そして,昨日の検診日・・・。
悲しい現実が待っていた・・・。
赤ちゃんが大きくなっておらず,心拍も見えない。
赤ちゃんの袋は,大きくなっていて,卵黄嚢だけが,大きくなっていた。

「流産」である。

先生は,すぐに手術前の検査に切り替え,
血液検査と血圧測定を行った。

一週間以内に赤ちゃんを外へ出す手術をすることになった;;

病院を出た後,電話で泣きながら,旦那や家族へ報告した。
ただただ,涙が出た。

赤ちゃんの命を守ってやることができなかった。

家に帰って,泣きながら流産についていろいろとネットで調べてみた。
私の場合は,「けい留流産」という初期の流産らしい。

これは,赤ちゃんが死んでしまっているのに,子宮の中にとどまっている
状態の流産だとか・・・。(e妊娠 妊娠情報サイトより)
放置していると,進行性流産に移行し,大量の出血が伴い危険な状態に
陥る場合があると。

初期の流産は,赤ちゃんの染色体異常などの原因で,避けられないものであり
決して「あの時無理をしたから」ではありません。と書かれていた。

しかも,驚くことに
流産の確率は,15%程度と言われ,
100人の妊婦さんがいたら,12~20人くらいの
人が流産してしまう。
と・・・。(前出)

今,こうして記事にしているのも,
夜中に目が覚めて眠れないので,
頭の中の整理をしようとしているのである。
泣きすぎて,目が痛い・・・。
涙もかれてしまったのか,悲しいのに出てこない。

こういう思いをしている方が,知らないだけで,
かなりいるのだという現実も知った。

しかし,救いなのは,初期の流産の後
妊娠の可能性は,あるということだった。

実際,友達も一度流産を経験した後に
子どもを産んでいた。

私の赤ちゃんも,もう一度,戻ってきてくれることを
信じるしかないようである。

ここで,うれしいお知らせができるように
なるといいなぁ・・・。



HOME このページの一番上へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。